乾燥肌の人はどんなクレンジング(化粧落とし)を選べばいい?

乾燥肌にはメイクをしっかり落としつつ、肌のバリア機能を低下させずに使用できるクレンジング剤が求められます。

乾燥肌はもともとなのか老化の影響なのかによって選び方にも差が

敏感肌ほどではないもののバリア機能が低下して刺激に敏感になっていますし、メイクをしっかり落とさないとそのダメージが肌環境をますます悪化させてしまう恐れがあるからです。

 

敏感肌の場合はメイクそのものが刺激になってしまうことが多く、薄めのメイクで低刺激のクレンジングを使うのが理想的な環境といわれています。

 

その一方乾燥肌はそこまで刺激に敏感になっていることは少ないのでメイクをしっかり行っている方が多く、クレンジングにも相応の洗浄力が求められます。

 

かといって肌に刺激が強い製品を選んでしまうとダメージが蓄積してしまう…このバランスをとるのが難しいのです。

 

また、乾燥肌がどのような状況でもたらされているのかも考慮に入れなければならないでしょう。

 

もともとの肌質が乾燥しがちだった場合と、老化の影響で乾燥が気になるようになった場合とではクレンジング選びにも違いが出てきます。

 

後者の場合はこれから肌がさらに老化していくのをできるだけ防ぐ意識も必要になってきます。

 

適度な洗浄力で刺激もほどほど、となるとリキッドタイプがまず上げられます。

普段はクリームタイプ、特別なメイクの時だけジェルタイプと使い分けるのも

オイルタイプよりもオイル分が少なめなので肌への刺激が少なく、乾燥肌にも問題なく使えるものも少なくありません。

 

ただこのタイプが注意したいのは水分が多く軽い感触なので洗う際にどうしても指で肌を擦ってしまいがちな点。神経質に洗いやすい方は使い方にも注意して試してみましょう。

 

ほどほどな洗浄力で低刺激なタイプではクリームタイプがあります。こちらはリキッドタイプとは正反対でこってりとした感触をしており、適度な手ごたえで擦らずに洗い流していくことができます。

 

洗いあがりもしっとりしているので乾燥肌に適している選択肢といえるでしょう。使いやすさの点ではこれが一番かもしれません。

 

ただファンデーションは落とすことができるものの、アイラインやマスカラなどはうまく落とせないこともあるのでアイメイクをしっかり行っている方はリムーバーなどもうまく併用しながら使いこなしていく必要があります。

 

しっかりメイクをしたときだけジェルタイプのクレンジングを使うのもお勧めです。

 

普段はクリームタイプ、特別なメイクのときだけジェルタイプと使い分けることで乾燥肌に負担をかけることなくメイク環境との両立を目指していくこともできるでしょう。
50代の失敗しないクレンジング(化粧落とし)の選び方>>

敏感肌の人はどんなクレンジング(化粧落とし)を選べばいい?

敏感肌はクレンジング選びに苦労させられるものです。

メイクとの関係も考慮しながらクレンジング選びをするのが大事

そもそも刺激に敏感なためにスキンケアやメイクもままならないというケースも多い敏感肌ですから、クレンジングともなると肌への刺激が強すぎてなかなかできないことも多いのです。

 

クレンジングの負担が気になるあまりにメイクが思うようにできない、という方も多いはずです。

 

ですから敏感肌のクレンジング選びではメイクとの関係も考えながら選んでいくことが大事です。

 

メイクをしっかり行えばそれだけ洗浄力の高いクレンジングが必要になりますから、クレンジングの刺激を避けたければ薄めのメイクを心がける必要も出てくるのです。

 

「敏感肌にはどんなクレンジングがよいのか」ではなく「どんなクレンジングとメイクの関係がいいのか」の意識が欠かせません。

 

クレンジングのタイプ別にいえば低刺激なミルククレンジングがもっとも適しています。油分と界面活性剤が少ないので肌への刺激が少なく、敏感肌でも問題なく使用できるものも少なくありません。

洗浄力がもう少し欲しいという人にはクリームタイプもオススメ

ただ油分が少ない分どうしても洗浄力が物足りなく感じてしまうのは避けられないでしょう。

 

たとえばカバー力を重視して毛穴をフィットする密着性に優れたファンデーションを使っている方、保湿としっとり感を重視してクリームファンデーションを使っている方はミルクタイプでは十分に落とせないかもしれません。

 

ミルクタイプで落とせるのはミネラルファンデーションも含めたパウダーファンデーションの中でも密着性がそれほど強くないものまで。

 

これまでメイクやクレンジングが思うようにできなかった、という方はまずこのファンデーションとクレンジングの組み合わせで試してみるといかがでしょうか。

 

それほど刺激に過敏ではないのでもう少し洗浄力がほしいという方にはクリームタイプがオススメです。

 

ファンデーションならこのタイプで十分に落とすことができますし、メイクを落とす際に摩擦の刺激を抑えながら洗っていくのにも適しています。

 

このタイプは敏感肌の中でも合う人と刺激が強く感じる人で分かれる傾向があるので一度試しに使ってみるとよいかもしれません。

 

あとはジェルタイプ。ただこのタイプは水性タイプと油性タイプで肌への負担が異なるほか、洗浄力にも違いが見られます。敏感肌に適しているのはすでに乳化された状態になっている濁ったタイプです。

 

またさっぱりした使い心地を重視している製品は敏感肌には合わないので適度にしっとりした使い心地のものを選んでみましょう。

脂性肌の人はどんなクレンジング(化粧落とし)を選べばいい?

脂性肌の方は皮脂の分泌量が多いこともあって化粧崩れやテカりといった悩みを抱えがち、それだけに密着性が高く崩れにくいファンデーションや化粧下地を使用する機会も多くなりますから、クレンジングでしっかり落とせる環境づくりが欠かせません。

洗浄力をまず重視し、メイクをしっかり落とせるかどうかを重視

そのためクレンジング選びでは洗浄力がまず重視されます。

 

乾燥の問題を抱えていないためバリア機能も機能していますから、肌への刺激はそれほど難しく考えず、メイクをしっかり落とせるかどうかを重視して選びましょう。

 

その場合もっとも有力な選択肢となるのがやはりオイルクレンジングです。

 

クレンジングは基本的にオイルをメイクに馴染ませることで肌から浮き上がらせて落としていくもの、ですからオイルが多く含まれているものほど洗浄力が高いということになります。

 

市販されているクレンジングの多くはオイルクレンジングに分類されますが、自分のメイク環境に合わせてしっかり落とすことができるタイプを選んでみましょう。

 

また近年ではバームタイプと呼ばれる半固形タイプのクレンジングが注目されています。

 

これは半固形状のクレンジングを肌に乗せるとオイルのように溶けて使うことができる仕組みを備えたもので、オイルタイプとクリームタイプの中間のようなものとされています。

脂性肌は洗いすぎるとますます皮脂の分泌量が増えてしまう恐れが

つまりオイルタイプの洗浄力とクリームタイプのテクスチャを備えているのです。

 

クリームタイプはこってりとした固めのテクスチャをしているのが特徴で、適度な手ごたえがあるので指で肌の表面を強く擦らなくても汚れを落としていくことができるという大きなメリットを備えています。

 

その点に加えてオイルタイプの洗浄力を加えることができれば一石二鳥、肌への刺激を抑えつつ汚れを落としていくことができるというわけです。

 

脂性肌が注意したいのは何度も擦って洗うなどして皮脂を除去しすぎてしまうこと、その結果不足した分を補うためますます皮脂の分泌量が増えてしまう恐れがあります。

 

その点バームタイプは洗いすぎを避けるという点でも脂性肌に向いているタイプていえるでしょう。

 

あとは油っぽい肌にオイル分が多いクレンジングを使用するためしっかり洗い流せるかどうか、洗いあがりの心地よさなども視野に入れながら選んでいけば自分の脂性肌にピッタリ合ったクレンジングを見つけていくことができるでしょう。

 

洗浄力をまず重視しつつ、皮脂を落としすぎない、ベタつきを避けるといったポイントで選んでいく、これが選び方の基本です。
50代の失敗しないクレンジング(化粧落とし)の選び方>>

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめクレンジング

B.A クレンジングクリーム

50代クレンジング人気B.A

まるで美容液!高い洗浄力と最高の使い心地を実現した高級クレンジング
10,800円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ファンケル マイルドクレンジングオイル

50代クレンジング人気ファンケル

メイク・ザラつき・毛穴づまりも落とすファンケルの大人気クレンジングオイル
1ヵ月分トライアルボトル1,050円相当→500円・税込 ※初回限定・お一人様1個1回限り
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

アテニア クリア オイルクレンズ

50代クレンジング人気アテニア

2年連続@コスメ・ベストクレンジング受賞!くすみ原因「肌ステイン」もケア
クリア オイルクレンズ+ドレスリフトローション1,836円・税込 ※初めての方1セット限定
公式ホームページで詳しく見てみる!>>