洗い流せるクレンジングオイルにW洗顔は必要?

クレンジング選びや方法について話題になるとき必ず挙げられるのがダブル洗顔の是非です。

クレンジングと洗顔は落とすものが別と言われているが…

クレンジングの後に洗顔をする必要があるのか、クレンジング、洗顔ともに肌への刺激が大きな注意点となっているわけですから、それを両方行うダブル洗顔ともなると刺激が気になる肌にとって大きな負担になってしまうのは避けられません。

 

どうしてわざわざそんなことをする必要があるのか?と疑問に思うのも当然というわけです。

 

最近ではお湯で簡単に洗い流せるタイプのクレンジングオイルが増えており、洗顔なしでも大丈夫なんじゃないか、という意見も出てきています。

 

ただやはりダブル洗顔は必要という意見も根強く、決着が出ていません。ですから両方の見解をよく踏まえた上で自分なりに判断していく必要があるのです。

 

そもそもどうしてクレンジングと洗顔の両方を行うのか?その理由としてもっともよく挙げられるのが「クレンジングと洗顔は落とすものが別」というものです。

 

クレンジングはオイルをメイクに馴染ませて肌から浮かせることでメイクを落としていくのに対して洗顔料は皮脂や古くなった角質、付着したほこりなどの汚れを落とすもの。

 

目的が違うのだから両方行うのは当たり前、というのがダブル洗顔は必要だと主張する人たちの見解なのです。

皮脂の分泌量が少ない人ならクレンジングオイルでも汚れは落とせる

一方必要ないと考える人たちはそれはあくまでイメージの話、とくにスキンケア製品を発売しているメーカー側が売上を伸ばすために主張しているだけに過ぎないと言います。

 

クレンジングはメイクを、洗顔は汚れを落とす、というと確かにその通りと思えるわけですが、どちらも洗浄成分で落としていく以上、クレンジングで汚れを落とすことも、洗顔料でメイクを落とすことも可能です。

 

ですから汚れをちゃんと落とせるクレンジング剤を、またはメイクもちゃんと落とせる洗顔料を使用すればダブル洗顔なんて必要ない、というわけです。

 

この点はなかなか判断が難しいところですが、簡単に洗い流せるタイプのクレンジングオイルならダブル洗顔をしないで試してみるのもひとつの選択肢なのは間違いないでしょう。

 

とくに乾燥肌・敏感肌の方は皮脂の分泌量がそれほど多くないので毛穴に詰まるなどの問題も少ないですから、メイクさえしっかり落とすことができればとくにダブル洗顔は必要ないともいえます。

 

「絶対に必要ない」と断言することはできませんが、皮脂の分泌量が少ないならクレンジングオイルでも汚れはかなり落とすことができますから、ダブル洗顔のダメージに不安を感じている方は一度試してみて実際にどうなのか試してみるとよいのではないでしょうか。
50代の失敗しないクレンジング(化粧落とし)の選び方>>

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめクレンジング

B.A クレンジングクリーム

50代クレンジング人気B.A

まるで美容液!高い洗浄力と最高の使い心地を実現した高級クレンジング
10,800円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ファンケル マイルドクレンジングオイル

50代クレンジング人気ファンケル

メイク・ザラつき・毛穴づまりも落とすファンケルの大人気クレンジングオイル
1ヵ月分トライアルボトル1,050円相当→500円・税込 ※初回限定・お一人様1個1回限り
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

アテニア クリア オイルクレンズ

50代クレンジング人気アテニア

2年連続@コスメ・ベストクレンジング受賞!くすみ原因「肌ステイン」もケア
クリア オイルクレンズ+ドレスリフトローション1,836円・税込 ※初めての方1セット限定
公式ホームページで詳しく見てみる!>>