50代におすすめのクレンジングの種類を教えて下さい

クレンジング選びについては肌質に合わせて比較検討していくことが大事とよく言われますが、肌の状態はつねに一定ではなく日々の生活の中で変化しています。

50代は乾燥とバリア機能の低下で敏感な状態であることが多い

とりわけ影響が大きいのが加齢による老化。50代ともなるともともとの肌質だけでなく加齢が肌にもたらした変化も踏まえながら適切なクレンジングを選んでいく心がけが求められます。

 

基本的に肌は年齢を重ねれば重ねるほど個人差が出てきます。老化が早いかどうか、しっかりケアができているかどうか、逆にケアやメイクで肌に負担をかけてきてしまったかどうか、あるいはストレスや食生活の影響など。

 

ですから「50代にはこのクレンジングがオススメ!」と断言することは難しく、あくまでひとりひとりの肌の状態を踏まえた上での選択が大前提です。

 

そのうえで50代の肌に見られる一般的な傾向を確認しつつ、どんなクレンジングが向いているのかを見てみましょう。

 

まず基本はやはり乾燥とバリア機能の低下です。角質層で保湿とバリア機能を担っているセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった成分は30歳前後から減少に転じるといわれています。

 

40代になるとピークだった20代の半分以下にまで落ち込むといわれていますから、50代になるとかなり刺激に敏感な状態になってしまっていることになります。

 

若い頃はそれほど乾燥が気にならなかった方もこの年代になったら肌への刺激を考えた上でのケアが必要なのです。

これまで使ってきたクレンジングよりワンランク刺激が少ないものを試す

40代までと同じクレンジングを続けていると老化の加速によるバリア機能の低下の影響で肌に知らず知らずのうちにダメージを蓄積させてしまっている恐れもあります。

 

そんなわけで50代になったこれまでよりもワンランク刺激が少ないクレンジングを試してみるとよいでしょう。

 

オイルクレンジングを使ってきた場合にはリキッドクレンジング、リキッドクレンジングを使ってきた方はクリームクレンジングやジェルクレンジングなど。

 

オススメしたいのはクリームクレンジングです。適度な洗浄力を備えているうえにテクスチャに厚みがあるので摩擦の負担をかけずに済みます。

 

また洗いあがりがしっとりしているので乾燥が気になる方に向いているでしょう。

 

かなり刺激に敏感になってしまっている場合にはメイクを控えめにしつつミルククレンジングを試してみるのもおすすめです。

 

ただこのタイプは洗浄力が弱めですから、シワやシミを隠したいとしっかりメイクをしている方が使用すると落としきれずにクレンジングの目的を果たせないこともあるので注意が必要です。
50代の失敗しないクレンジング(化粧落とし)の選び方>>

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめクレンジング

B.A クレンジングクリーム

50代クレンジング人気B.A

まるで美容液!高い洗浄力と最高の使い心地を実現した高級クレンジング
10,800円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ファンケル マイルドクレンジングオイル

50代クレンジング人気ファンケル

メイク・ザラつき・毛穴づまりも落とすファンケルの大人気クレンジングオイル
1ヵ月分トライアルボトル1,050円相当→500円・税込 ※初回限定・お一人様1個1回限り
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

アテニア クリア オイルクレンズ

50代クレンジング人気アテニア

2年連続@コスメ・ベストクレンジング受賞!くすみ原因「肌ステイン」もケア
クリア オイルクレンズ+ドレスリフトローション1,836円・税込 ※初めての方1セット限定
公式ホームページで詳しく見てみる!>>