乾燥性敏感肌の場合どんなクレンジングを選べば良いですか?

乾燥性敏感肌はバリア機能が低下していますから、クレンジング選びではやはり低刺激が重要なポイントとなります。

いくら低刺激と言ってもメイクが落としきれないとかえってダメージが…

クレンジングでは肌に刺激をもたらすだけでなく、皮脂やセラミドもメイクと一緒に洗い流してしまうことで乾燥をますます加速させてしまう恐れがあるため、肌に合わないクレンジング(洗顔料も同じです)を無理して使い続けていると毎日のダメージでますます敏感な状態が加速してしまう恐れがあります。

 

ただ難しいのはクレンジングの場合メイクをしっかり落とすことが大前提だということです。

 

いくら低刺激で肌に優しくてもメイクを落としきれずに洗い残しができてしまうようではかえって肌へのダメージを増やしてしまう恐れがあります。

 

メイクを落とさないまま一晩寝てしまったときにどれだけ肌に負担がかかるかを考えればこの点は明らかでしょう。

 

ですから乾燥性敏感肌の方は低刺激を意識しつつ、きちんとメイクを落としながら使っていけるかを考えながらクレンジングを選んでいく必要があるわけです。

 

その際選択の基準となるのがミルクタイプのクレンジング剤です。油分や界面活性剤が少なめなのでマイルドな使い心地で使っていくことができます。

 

他のクレンジングはダメでもこれなら大丈夫、という乾燥性敏感肌の方も多いでしょう。

薄めのメイクを心がけるなどメイク環境にも配慮を

ただやはりどうしても洗浄力が弱い面があるため、このタイプを使いたいという方は薄めのメイクを心がける必要も出てくるでしょう。

 

「このクレンジングでメイクを落とせるか」ではなく「このクレンジングで落とせるメイクを心がける」という発想です。

 

ただ人と会う機会やフォーマルな場ではしっかりメイクが必要になるもの、ミルククレンジングではどうしても不足してしまうケースも出てきます。

 

そんな時にジェルタイプを選んでみましょう。このタイプの特徴は適度な硬さと手ごたえを持つジェルの感触のおかげで指でこすらなくてもメイクを落としていくことができる点にあります。

 

摩擦の刺激は乾燥性敏感肌にとって非常に大きな問題点ですから、それを解消する意味でジェルタイプは適しています。

 

なお、ジェルタイプには水性タイプと油性タイプの2種類があります。刺激が気になる方は水性、またはオイルフリータイプを試してみましょう。

 

ただミルクタイプと同様、オイルが少ないほど洗浄力が落ちるのでその点のバランスも踏まえた上で選ぶのを忘れないようにしましょう。

 

この2つのタイプで十分にメイクを落とせない、乾燥が気になるという方はクリームタイプも試してみるとよいでしょう。
50代の失敗しないクレンジング(化粧落とし)の選び方>>

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめクレンジング

B.A クレンジングクリーム

50代クレンジング人気B.A

まるで美容液!高い洗浄力と最高の使い心地を実現した高級クレンジング
10,800円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ファンケル マイルドクレンジングオイル

50代クレンジング人気ファンケル

メイク・ザラつき・毛穴づまりも落とすファンケルの大人気クレンジングオイル
1ヵ月分トライアルボトル1,050円相当→500円・税込 ※初回限定・お一人様1個1回限り
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

アテニア クリア オイルクレンズ

50代クレンジング人気アテニア

2年連続@コスメ・ベストクレンジング受賞!くすみ原因「肌ステイン」もケア
クリア オイルクレンズ+ドレスリフトローション1,836円・税込 ※初めての方1セット限定
公式ホームページで詳しく見てみる!>>